« この方は、ホントに芸能人?…いや、いい意味で。 | トップページ | DREAMS COME TRUE = 美夢成真 »

2005/01/15

ロスト・イン・トランスレーション

 劇場でも観たのですが、DVDを借りてきて再び鑑賞。
 巨匠フランシス・フォード・コッポラの娘さん、ソフィア・コッポラ監督作品。
 
 Lost In Translation 公式ホームページ 
 
 日常の生活にちょっと疑問を持っている2人。ピークを越えた(?)ハリウッドスターの中年俳優とカメラマンを夫に持つ若妻が、奇妙な街東京で出会う…。
lit-1-1 大きな展開はないが、心地よくラブ(?)ストーリーが流れていきます。ビル・マーレイとスカーレット・ヨハンソン、嫌味が無くていい。

 一番気に入っているのは、いつも見慣れた東京の街並みが、なぜか新鮮に見えること。どうしてだろう…まるで自分が、異国からはじめて東京に来たような気分になる。
 BGMも映像とマッチしていて、いとをかし。

lit-2-2 あまり構えず、BGV感覚でごらんください。ちょっとだけ胸がキュンとするところもあります。

 エンドクレジットに流れる“はっぴーえんど”の「風をあつめて」という曲も、この映画に合ってます。エンドクレジットも最後までごらんください。
 ちなみに、“はっぴーえんど”というバンドは、細野晴臣、大滝詠一、松本隆、鈴木茂という、ちょっと昔の音楽シーンに詳しい人なら「すげぇー」と思うメンバーなのです。
  

|

« この方は、ホントに芸能人?…いや、いい意味で。 | トップページ | DREAMS COME TRUE = 美夢成真 »

コメント

初めまして。
TBをありがとうございます。

劇場でもご覧になったんですね。いいな~。

主人公が帰国したくなる気持ち、わかるような気がしました。

「はっぴーえんど」って、そういうメンバーだったんですね? すごっ!

投稿: あかん隊 | 2005/01/15 04:43

△ あかん隊さん、コメントありがとうございます。

 う~ん、男の微妙な気持ちって、どの国の、どんな立場の男も同じなのかなぁ…と感じますねぇ。

 「はっぴーえんど」のメンバーは、みんなJポップ界に大きく影響を与えている人たちです。「風をあつめて」もいい曲ですね。

投稿: nautica crew | 2005/01/15 15:55

「風をあつめて」好きです。
細野さんの歌声っていいんですよね。

投稿: yuko | 2005/01/15 17:27

△ yukoさん、コメントありがとうございます。

 細野さんのボーカル、力の抜け具合が心地いいですね。YMOでは、他の2人と不気味さを競ってましたが(笑)。…懐かしい!
 
 また、来てください!

投稿: nautica crew | 2005/01/15 18:38

TBありがとうございます。
エンディングのはっぴーえんどはもう少し早く、できればエンドロールの始めに流れてほしいです。
エンドロールのラストに女の子が突然映り思わずドキッとしました。

投稿: toom | 2005/01/16 09:40

△ toomさん、コメントありがとうございます。

 「風をあつめて」…できれば東京の街の風景のバックに流れて欲しかった。そう思いませんか?

 また、来ててください!

投稿: nautica crew | 2005/01/16 10:59

はじめまして。タテガミネコと申します。
TBありがとうございます。

ソフィア・コッポラの映画は、「ヴァージン・スーサイズ」もそうですが、透明感ある映像と音楽が魅力だと思います。描かれるほのかな感情も、私は大好きです。

こちらのブログにきてみまして、欄外のBOOKとCDのところ、私も好きな作品が多くて嬉しく思いました。「深夜特急」は大好きな作品ですし、武田真治のCDははじめきいたとき驚きました。あと、「そうだ京都行こう」って書籍化されてたんですね。知らなかった!これも好きなCMなんで、探して見ます。

では!

投稿: tategamineko | 2005/01/16 12:37

△ タテガミネコさん、コメントありがとうございます。

 同じモノがすきな方に出会えるとうれしいです。

 「そうだ京都いこう」の本は、オススメです。たまに開いて、ながめてますよ。
 
 また、おいでませ…。

投稿: nautica crew | 2005/01/16 19:19

こんにちわ♪
私から見るソフィアは、全て手に入れた女性って感じで憧れます。監督・女優・デザイナー・アート。なんでもできる人ですもんね。
かっこいい!

投稿: きよ | 2006/01/15 17:58

△ きよさん、ありがとうございます。

 父親のフランシス・フォード・コッポラは、とにかく巨額の制作費を使って映画を作れるということがスゴイんですよねぇ。アレだけの予算を与えられても、ほとんどの監督は使い切れないのではないかと…(笑)。
 その、娘さんのソフィアですから…なんか、懐の深さというか、余裕を感じます。自分の感性の趣くままにって感じで。

 きよさんのブログ、いいですねぇ。時々、行きます!

投稿: nautica crew | 2006/01/16 01:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66842/2576490

この記事へのトラックバック一覧です: ロスト・イン・トランスレーション:

» 『Lost In Translation』 [TOOM]
念願のロスト・イン・トランスレーション。 映画館で見たかったのだが、行ったらちょうど昨日まで。 無計画から来る怒りをその映画館にやつあたりしてたら、去年の夏... [続きを読む]

受信: 2005/01/16 09:38

» 2004年の映画ランキング(もちろん超個人的) [日々の、あれこれ]
ただいま!京都から帰ってきました。 京都は寒かったよ〜。予想はしてたけど、主な交通手段であるバスは、一本逃すとね・・・吹きっさらしの中で待つのがさむ〜い!! ... [続きを読む]

受信: 2005/01/16 12:38

» ロスト・イン・トランスレーション (DVD) [ひるめし]
舞台が東京じゃなかったら観てなかったかも。淡々と過ぎてくから、途中で何度も観るの止めようと思ってしまった。私は微妙な映画でした。もうちょっと大人になったら観... [続きを読む]

受信: 2005/01/16 15:32

» Lost in Translation [言語学研究室日誌]
昨日今日観たわけではないのですが、わすれないうちに書いておきます。まず前半部分、笑い転げていたので、アカデミー賞の脚本賞を取ったことは頷けます。本業の俳優業がふ... [続きを読む]

受信: 2005/01/19 10:55

» ロスト・イン・トランスレーション [cinema note+]
観る前から、好きになれないだろうという先入観があったが、やっぱり好きになれなかった。まず、サントリーのCMにビル・マーレーって、なめとんのかって感じである。次にロックバンドの写真を撮っている程度のカメラマンがなんであんな一流ホテルに泊まれるのか?まぁ設定に文句... [続きを読む]

受信: 2005/07/07 00:55

» 「ロスト・イン・トランスレーション」-Lost In Translation- DVDで鑑賞 [映画って素晴らしいもん]
私のほしい物リストに入れてたこの映画、レンタルでやっと観ました。持ってるのが中国語なんだもん・・・(;;) ソフィア・コッポラの感受性豊かな視点、私は大好きです。 『ヴァージン・スーサイズ』に続いてこの作品は2作目。この映画もストーリーというより雰囲気。....... [続きを読む]

受信: 2006/01/15 17:58

« この方は、ホントに芸能人?…いや、いい意味で。 | トップページ | DREAMS COME TRUE = 美夢成真 »