« 京都、行きたい。 | トップページ | ペ・ドゥナ ♪ »

2006/02/18

名筆、時空を超えて。

 「書の至宝」 東京国立博物館
 
 とにかく混んでるという話を聞いていたので、早めに家を出て、開場15分前に着いたら…並んでるよ!
    20060218-1   20060218-2

 “並ぶ価値あり!”の内容。
 とにかく、中国と日本の名筆を がっちり集めてあった。できれば、もっと人が少ないときに、じっくり見たかった。
20060218-3
 わたくし自身、書道は…まぁ、「好き」な程度で…。「達筆だねぇ」って、ときどき言われる程度で…。
 本格的にやってみたいなぁ~って思うときもあるんだけど、なかなかねぇ。

 一番好きなのは、やっぱり中国の“書聖”、王義之(西暦300年代)の「蘭亭序」。有名すぎて、ベタかな。でも、ほんとにイイ!
 王義之は「蘭亭序」を、宴の席でちょっと酔って書いた。後できちんと書き直そうとしたら、それ以上のものが書けなかったなんてエピソードもあったりする。人から評価されることを考えず、思うままに書いた“卒意の書”…その書が、後の中国、そして日本の書家にとてつもなく大きな影響を与えたんだ。千数百年もの年月を経ても、見る者を惹きつける文字。

 あぁ、もっと上手くなりてぇーなぁ~。

|

« 京都、行きたい。 | トップページ | ペ・ドゥナ ♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66842/8720371

この記事へのトラックバック一覧です: 名筆、時空を超えて。:

« 京都、行きたい。 | トップページ | ペ・ドゥナ ♪ »