« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/29

テーマは、Kyon²?

FC東京 vs. 名古屋グランパスエイト 2-1  味の素スタジアム

 “なんてったってトーキョー わたしはトーキョー トーキョーは~やめられな~い”
 たくさん歌いました。今日は、“コイズミキョーコDAY”かな? 理由は…そういうわけだよ(笑)。
 20060429
 ウチよりも、深刻な悩みを持つクラブがあるんだよねぇ~。まぁ、それは よそんちのことだから。
 今日は全体的に動きがあったし、キレのいい選手も多くて楽しいサッカーだったよ。久しぶりに。
 あの失点は、相手のシュートが素晴らしかったとして…。後半、もう1点がとれなかったのがちょっと気になるかも。でも、とにかく今は勝って自信を持つこと、それが第一。

 リチェーリ、速い。リチェーリ、ちょっと面白い。あの、ハリキリ加減が…。
 今日はササも見てみたかった。
 次は、甲府へ。もちろん行く予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW突入。

 さて、予定は? 
 ホーム2試合、アウェイ1試合…(笑)。まぁ、そうなりますな。

 3日の甲府が、ちょっと楽しみ。一時は、クラブ自体の存続が難しかったのに J1に昇格して、盛り上がってる。不思議なパワーを持ってるよね。ここも「青赤のミラクル」か?

       200604281

 “STAR SOCCER”の東京特集、読んだよ。
 「…チームを鼓舞し、“ルパン3世”から“YOU'LL NEVER WALK ALONE ”までの雑多な歌を歌い上げ…」(笑)。確かに。あらためて考えると、生稲晃子の「麦わらでダンス」とか、キョンキョンの「なんてったってアイドル」とか、ジュリーの「TOKIO」、力也さんの「ホタテのロックンロール」…ヒドイ選曲(笑)。楽しすぎだよ。
 この特集を読んで、オレはやっぱり“東京らしさ”が大好きな、ダメ人間なんだなぁ~と思った。病んでるよ!…うん。
 最近、“つまんねー”って思ってるけど、「よく泣いては よく笑う、よく怒っては よくしょぼくれる東京」そして、「勇ましくも えらく楽しそうな東京」。まさに、その通りで。

 今日も、飛田給へ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/26

…。

FC東京 vs. 横浜F・マリノス  1-2   味の素スタジアム
20060426
 もう、言葉がないです。
 去年のアノ時期とは、ワケがちがう。

 でも、応援するしかないよねぇ。オレたちのトーキョーだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/25

近づいてきたね。

       200604251

 いやぁー。ワールドカップですなぁ。
 だんだん、そんな雰囲気になってきたよ~。ドイツには行けないけど…。
 
 一番笑えるのは、“スポルティーバ”(写真の一番右)。“総力特集 NAKATA”は いいんだけど、特別付録“ブラジル裏DVD”ってなんだよ! やべぇー。興奮してきた。

 明日は、味スタです。みなさん、仕事を切り上げて集合!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/22

ガンバは強いよ。

ガンバ大阪 vs. FC東京 1-0  万博記念競技場
20060422 
 ボールがよくつながるねぇ、ガンバ。
 ガーロ氏は「五分だった」ってコメントしてるみたいだけど、五分ではないでしょ。
 立ち上がりは、ちょっと「やれるかなぁ~」って思ったんだけど、結局グダグダ…。オフ・ザ・ボールの動きが無いもん。攻めてるように見えてるときも、持たされてるだけじゃん。
 コザワ君は、よく走ってたね。

 まぁ、わたくしのような“おバカさん”はいいとして、めったにスタジアムに行けない人が、やっとの思いでスタジアムに足を運んだときに、今のトーキョーのようなサッカーを見せられたら…。「またスタジアムに来たいなぁ」って思うかねぇ。初めてスタジアムに行った人なんか…どうかなぁ。
 よけいな心配?

 それでも、水曜日、味スタです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つまんないから…。

つまんないから…。

“551 HORAI”の豚饅。はじめて食します。アツアツなので、冷めるのを待ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪・万博。

大阪・万博。

ちょっと、ねむい…。
おもしろくなるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/19

おいおい…。

 ミラン vs.バルサ、午前3時30分からだよ…。
 どうする、どうする?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/16

あぁ…。

 FC東京 vs. ジェフユナイテッド千葉 2-3  味の素スタジアム

20060415 スコアだけを見ると、いい試合のような感じ。しかし…。
 前半、トーキョーひどすぎ。ジェフはけっこう良かったかな。
 後半、両方ヒドイ(笑)。

 次は、大阪遠征! 切り替えるしかないでしょ。 それでも闘いは続くわけで。
 
 あっ、そうだ。赤嶺君、初ゴールおめでと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/12

三ツ沢!!

20060412 三ツ沢はねぇ~、ピッチが近いよ~。
 水曜日の三ツ沢、10400人入ってたよ~。

 結果…ですか?

 横浜F・マリノス vs. FC東京 2-0
 …ですが、なにか?

 押され気味だったんだけど、ラッキーで前半は0-0で終了。
 こういうときって、結構、速攻で1点取っちゃったりして、勝っちゃったりするときもあるじゃないっすか。
 でもねぇ~。今季のウチは、ほら…例の…ポゼッションですから。
 ジュビロ戦の前の姿に戻ってましたよ。あ~、でも少しは良くなってるかなぁ。惜しいシーンもあったし。
 三歩進んで二歩下がる…ってことで。ゆっくりと進歩してることを信じて、引き上げていく選手たちに“ユルネバ”を歌って送ったよ。

 …信じましょ、とにかく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三ツ沢!

三ツ沢!

やっと着いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/10

原博実 大先生。

 スカパーで、プレミアの解説やってるんだけど、面白すぎ!

 「ボルトン…? 最悪!」とか、「審判、ここ、流すかぁ」とか。
 さらに、「この選手はオーストラリア代表だから、W杯で日本代表と あたるんだよねぇ。こういうプレーが得意だって加地に教えとくか…」だって。
 もちろん、ちゃんと解説してるところもあるんだけど…ときどき。
 このおじさん、ほとんど試合観て楽しんでるだけかも。でも、それでいいんだよね。サッカーは楽しいんだから。
 やっぱり、トーキョーの香りがプンプンする人だ。

 8日の磐田戦の録画中継が10日にスカパーであるんだけど、解説は原さん。あの試合でどんなこと言うんだろ。
 ルーカスのゴールの直後に、“ガツン”っていうノイズが入ったら、ジャンプしたってことだよね。
 …録画予約だ、こりゃ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/08

キター! ルーカス!

FC東京 vs. ジュビロ磐田 3-1  味の素スタジアム
20060408

 久しぶりの、“SEXY TOKYO”。
 久しぶりの、“♪~TOKIOが空を飛ぶ~♪”。

 しっかり走ってたね。よく動いた。だから、高い位置でボールを奪える。攻めるときにスペースができる。
 まぁ、ジュビロの中盤に福西がいなかったのは大きいけど。
 伊野波、増嶋、栗澤、そして徳永、梶山…若い才能が噛み合ったときのトーキョーのサッカーは、面白い。今野や茂庭は、やって当然の存在だし。
 ルーカスの脚は長い!(笑) いやぁ、あれは2本ともウマイよ。決めるべき人が決めると盛り上がるよねぇ。ずっと献身的に動いてたから決めさせたかった。ヨカッタ、ヨカッタ。
 ササのシュート…惜しい!

 とにかく今シーズン最高の試合。トーキョーらしい楽しいサッカーだった。光が見えたかな。
 な~んか、オレも体調が良くなってきたような。(つまんないトーキョーを観ると、身体に悪いんだよねぇ。)

 カワグチヨシカツ…トーキョーゴール裏は、君を愛してるよ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の飛田給。

今日の飛田給。

水色、結構来てるじゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/02

今野!

 横浜F・マリノス戦後のコメント。“J's GOAL”より。

 今野泰幸選手(F東京)
「内容的に悪かったが、最後に同点に追いついて、勝点1が取れたのは大きかった。でも、まだまだ課題は多いので、1週間の練習で修正していきたい。ポゼッションしながらでも、シュートを打たないといけない(横浜FMの21本に対して、F東京は11本)。F東京のゴール裏から『シュート打て!』というコールが飛んでくるが、気持ちは分かります。サポーターはシュートを望んでいる。前半なんか、特に、やられるのを待っているという感じで、守りだけで満足しちゃっていたかもしれない。あんなのが続いたら、いつやられてもおかしくない。ただ、今はどうしても、ボールを奪った後の攻め上がりがうまくできない。受身になっていて、奪っても上がらないところがある。ダイナミックとは言えない。選手全員が縮こまっているようなところがある。サポーターも『もっと動けよ!』と言いたいんだと思う。」

 こういう選手がいるから、トーキョーはきっと大丈夫。
 こういう選手がいるから、応援を続けるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/01

ついに…。

横浜F・マリノス vs. FC東京 1-1  日産スタジアム
20060401

 ついにゴール裏の一部から、「ガーロやめろ!」のコールが出た。
 無表情でスタンドを見上げて、去っていったガーロ。

 リーグ戦、2勝2敗2分。カップ戦、1敗。
 わたくし個人としては、「やめろ」というのには、まだ早いと思う。ガーロを認めてもいないし、決定的にダメだとも思ってない。

 今日の試合の、赤嶺投入のときのグダグダ(出そうとしたり呼び戻したり…)の場面に象徴されるように、ガーロ自身に迷いがある。指導者がブレてたら、選手は迷うに決まってるよね。
 まぁ、クラブ初の外人監督。ガーロ自身も“監督”としての経験は豊富ではない。だから、“ガーロの描くサッカー”以外の部分で、いろんな障害が発生してるはず。問題は、それを乗り越えた先に何があるか…それを見たい。

 ただねぇ、一番気がかりなのは…。
 今のトーキョー、決してスッゴイ強いわけではないけど、選手たち一人一人をみると個性と潜在能力にあふれてるんだよ。特に若い選手は、これからの日本のサッカーを担っていく逸材がそろってる。パラグアイから来たササだって、相手にしてみれば、彼がゴール近辺でボールを持って前を向いたらゼッタイにコワイわけで。
 そういう一つ一つの能力を、“サッカーのかたち”にこだわるあまり、潰してしまうようなことにならないかってこと。
 
 クラブとして成長していくには、途中でいろんな段階があるんだろうけど、“トーキョーらしさ”は失って欲しくないんだよね。結果云々よりも、のびのびやってない、見ていてつまんないトーキョーはダメだよ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ロスタイム!

ロスタイム!

 負けたか…と思ったらロスタイムに増嶋のゴール。
 でも、感動はないなぁ。内容がつまらな過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

快晴。ヨココク。

快晴。ヨココク。

 早く来すぎた。 世界クラブ選手権決勝以来。あのときは、死ぬほど寒かった。
 ササ、ベンチ入りせず。う~ん…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »