« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/31

久しぶりに…。

 神保町の書道用品専門店“三多軒”(なんでも揃ってるんだよ、ここ)に行った帰りに、三田線に乗って芝公園のラーメン屋“天虎”へ。

            20060831_1

 注文したのは、醤油味の一三五(いちさんご)…麺かため、ちょっとこってり、味濃いめ…と味玉子。

        20060831_2 

 どうして、“一三五”という名前なのか…。
 まだ、“天虎”が武蔵小山にあった頃、麺のかたさや、味の加減を数字で注文できたんだ。その名残り。
 “天虎”のラーメンの特徴が一番生きるのが“一三五”。今は、醤油味は、“普通”と“一三五”。
 あっ、“つけ麺”が復活してた。“みそめんかた”は、まだ復活してない(涙)。

 ちょっと上品な感じのラーメンかな。量も、ちょっとひかえめって感じ。足りないかも…っていう方には、“半めし”がサービスで付いてくる。
 かための麺の食感がいいよ! また、行きたい!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

イ・ノ・ハ…やったね!

 号外! 「伊野波、代表入りだよ~」

 伊野波…代表によばれちゃった。ちょっと、意表を突かれた感じ。でも、うれしいね! オレの中では、“号外”を出したい気分。

 オシムさん、やるね~。伊野波ですかぁ~。もう、よびますかぁ。

 ウマイ選手であることは 違いないし、若い世代では けっこう国際経験豊富かな。
 さらにいい経験を積んで、たくましくなってほしい。
 気合入れてやってこ~い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/30

キツイかもしれないけれど…。

FC東京 vs. セレッソ大阪 2-3  国立競技場

     20060830

 ホーム、それもコクリツなんだからさぁ。やれば、勝てる相手なんだからさぁ。
 自信を持って自分たちのサッカーをやり続ける気持ちとか、次の1点を先にとる強さとか…足りないんだよなぁ~。

 監督が替わって、いきなりの連戦。2勝2敗。
 まぁ、無難に乗り切ったといえば、そうかもしれないけどねぇ。
 でも、今日の試合を落としたのはイタイ。

 次節は9月9日。少し時間があるから、立て直しを期待しよう。

 あっ、そーだ。名波ってやっぱウマイなぁ~。よそんちの子だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/29

はい、食べました。

 昨日、映画“UDON”を観たので、うどんを。しかも、2軒はしご。

200608291 1軒目、“饂飩四國”(うどんしこく)

 “生醤油”。
 すだちを搾って、生醤油をぐるりと一周。大根おろし、ねぎ、生姜を加えてよくまぜて食す。

 「うどん食ってるぞ~」って感じ。ウマイ。

200608292 2軒目、“はなまる

 “温玉ぶっかけ”。
 温泉玉子と うどんって、合うね。
 値段を考えたら…ウマイ。

 結構混んでた。女性が多い…高校生~OLさんまで。映画の影響?
 
 どちらも、チェーン展開してる店。本場で食べたら、もっと安くてウマイらしい。
 香川…行ってみる? な~んて言ってると、ホントに行ったりしちゃうんだよね、オレ…いえいえ、行けませんよ(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/08/28

食べたくなるけどね。

2006082802 UDON  渋東シネタワー

 招待券があったんで。
 
 う~ん。特に前半、どうなの?…っていうか前半いらないかも。
 “踊る”のプロデューサー&監督なんだけど、キレがイマイチかな。な~んか、芯が通ってない感じ。

 小西さん、やっぱり素敵です。
 小西さんの笑顔を、スクリーンで観たい方はどうぞ。

 ウマイうどん、食べた~い! オレ、明日は うどんを食べると思う。
 近所のウマイ蕎麦屋は知ってるけど、うどん屋は知らないなぁ。どこか ないかなぁ。
 “UDON”のHPで、“松井製麺所のうどん”を 通販で売ってるよ。買ってみる?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダメだよ~。

200608281 …このカプチーノ。

 カフェを名乗るなら、ちゃんと入れようよ~。
 
 ニセモノといっても過言ではないね。

 あくまでも、わたくし個人の感想です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/27

買ってしまった…。

          2006082701_1

 新しいラケット。バボラ・ピュアドライブ(黒&青&白)。
 今までは、アエロドライブ(黒&黄&青)を使ってたんだけど、な~んか打感が硬いんだよ、ビミョーに。

 約1週間、何度かラケットショップに行って、試打して、考えた末 買っちゃった。
 結構、キツイ出費だけど…技術がないから 道具に頼らないとダメなもんで(笑)。
 それと、ラケット変えるとモチベーション上がるもんで。まぁ、これ使って精進するよ。

          2006082702_1

 今日、表参道で“スーパーよさこい”とかいう お祭りみたいなのやってた。
 いつも以上に人が多くて、歩きにくいのね。
 こういうのに通りかかって、素直に楽しめなくなっている自分って…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/26

行きたかったなぁ。

 清水エスパルス vs. FC東京  2-0  日本平スタジアム

 好調の清水相手に、前半の途中から10人になって苦しかった。だけど、全員でよく闘ったからよし。
 負けは悔しいけど、次の試合を観たい気持ちになるね。

 モニが心配…。

 どーでもいいけど、清水ファンが試合後に歌ってる 小学校の校歌みたいな歌は…いったい…。

 もっと、どーでもいいけど。試合の次の番組“Foot!”…「原博実スペイン紀行」(爆)。
 サッカーのレポート(“オサスナ”というクラブのレポート)もしてるけど、グルメレポート的なこともやってて笑えるんだけど。
 いいなぁ~。ハラヒロミ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/23

♪~夏だ!夏だ! 尖がろう! ト・ン・ガ・ロ・ウ!

 FC東京 vs. アビスパ福岡 5-1  国立競技場

     20060823

 まだまだ夏は終わらない。祭りだよ、祭り!
 勢いに乗ったら止まらない、俺たちのTOKYO。
 
 今日は、何といっても藤山のJ1初ゴール。33才、頑張って走ってるねぇ~。
 赤嶺って、あーゆーゴールもあるのね。
 ナオは、キレキレ。
 伊野波もJ1初ゴールか…こっちは20才。若いねぇ~。
 阿部ちゃん…ヘッドで決めたけど、鼻骨骨折は大丈夫?

 前節の千葉戦、今日の福岡戦、とにかく選手たち個々の良さが生かされてる。
 これって、監督の仕事だよね。
 
 プレスが緩い時間帯があって 10人の福岡に押し込まれたり、ミスからイヤな形でボールを取られたり、課題は多いかもしれない。でも、とにかく楽しいTOKYOが帰ってきた。
 次節は4位の清水戦。上位にも、とにかくイケイケで…TOKYOらしく!

 あ~行けないんだよ、日本平。行きたいけど、どうしてもムリ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/21

いや~。

 録画を観て、余韻に浸る…。

 カジヤマ…君はウマイ。
 頼むから、毎試合頑張ってくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

We are TOKYO!

 ジェフ市原・千葉 vs. FC東京 3-4  フクダ電子アリーナ

      20060820

 最高の試合だった。
 決して美しいサッカーでは なかったけど。藤山、川口、浅利のベテラン勢がガンバって、若い選手を引っ張ったね。
 0-2で負けてても、選手もファンもあきらめなかった。
 ポテンシャルはあるはずなんだから、やればできるさっ!

 前への意識と、闘う気持ち…泥臭くてもいいじゃん。コレがTOKYO。
 とにかくうれしいよ。
 
 調子に乗って、蘇我で焼肉食べちゃった。だって、帰りの駅までの混雑がヒドいし…。

 “勝っても負けても楽しめるTOKYO”復活できるか? いや、みんなで復活させよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/20

初めて来たよ。

初めて来たよ。

京葉線、蘇我駅下車。
いわゆる、フクアリね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛用品。

 自分、けっこうカバン好きなことに気づいた。クローゼットの中にたくさんあるんだよねぇ。
 バッグパック、ショルダー、3WAY、トートバッグ、ブリーフケース、アタッシュケース、小旅行用ボストン、スーツケース…etc。用途にあわせてついつい買っちゃう…とはいっても、高級ブランド品とかじゃなくて、丈夫で、使いやすくて、ちょっとだけシャレたやつ。

20060820_bag 最近、購入してかなり気に入っているのは、クランプラー社のメッセンジャーバッグ、
“The Soupansalad”(スープ・アンド・サラダ)
 オーストラリアの、自転車便メッセンジャーによって設立された会社のバッグ。
 とにかく使いやすいし、デザインも気に入ってる。
 コンセプトが“自転車便のメッセンジャー用”だから、身体へのフィット感がいい。それと、荷物の出し入れがしやすい。

 本格的で 大きいメッセンジャーバッグもあるみたいだけど、この“スープ・アンド・サラダ”は、日常の使用にちょうどいい大きさ! (ちなみに、わたくしは身長173cm。)
 今まではバックパックが多かったけど、ちょっと飽きたからね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/16

ふっ。

 日本沈没  渋谷シネフロント
 
 見てしまった。

 CG祭りだ!
 味気ない。わたくしには、おもしろさが わからない。
 
 お客さん、けっこう入ってたねぇ~。
 でも、邦画って…ちょっとマイナーな方がおもしろいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/15

なんとなく気になったので…。

L_002_1 
 大停電の夜に (DVD)


 いやぁ、昨日、ウチも大停電に巻き込まれたもんで…。

 よいですよ…はい。クリスマスの時期に観るともっといいのかもねぇ。
 登場人物のエピソードが、微妙にクロスするような感じ。世の中ってひょっとしたらこんなモノかもしれない。自分たちが気がつかないところでね。

 ヒトって、日常と違った環境に置かれると、普段できなかったことができてしまったり、普段言えないことを言えてしまったりする。そういうところから、他人とのつながりができて、お互いに温かい気持ちになって…っていうお話。
 キャンドルの灯りの映像がキレイだよ。

 香椎さん、これにも出てたんだ。
 田畑さん、な~んかいい。クレジットカードのいい感じのCM、思い出した。
 でもやっぱり、宇津井さんと淡島さんのシブさには かなわんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解任。

 あまりにも急なので、ちょっとビックリ。当然だけど。
 「鹿島アントラーズやジュビロ磐田のように…」って、…べつになりたくないし。

 ワシントンは残るのね。まぁ、来たばっかりだし(笑)。

 とにかく、選手がガンバレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/13

願望。

 ファンのために闘ってください。自分たちの誇りのために闘ってください。

 フロントで、ロッカールームで、ベンチで、どんなことが起きているのかわかりませんが…。
 とにかく監督があてにならないことは、わかってます。だからこそ、ピッチに立つあなたたちが闘ってください。

 “ファンと共に闘う”という、一番シンプルなところに戻りませんか。
 システムとか、戦術とか、勝敗とか、順位とか…そんなことよりも、とにかく闘う選手たちを観たいのです。
 選手とファンが一体になって闘っているときの、あのなんともいえない“スタジアムの楽しさ”を感じたい…。それだけのために、チケットを買い、時間を作り、ホームであろとアウェイであろうと 私たちはスタジアムに向かうんです。

 試合前に円陣を組んで、自分のポジションに立ったら、胸を張ってスタンドを見上げてください。
 それぞれのスタンスはあるけれども、選手たちのプレーに期待しているファンがそこにいるんですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/12

無題。

浦和レッズ vs. FC東京 4-0  埼玉スタジアム2002

          20060812

 ひどすぎる。
 何がどうなると、こんなひどいサッカーになるのか? クラブの中で、いったい何が起きているのか? わからん…。
 
 すいません、感想はありません。

 (写真…ふがいなさに号泣しながら、遅れてゴール裏に来るモニ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/09

予感。

           20060809_02

 日本代表 vs. トリニダード・トバゴ  2-0  国立競技場

 なんか、楽しくなりそうな予感。
 とにかく動いてるよ。日本の選手が、ボールのあるところへ次々に現れる。まぁ、後半に落ちては来るけど。
 これからに期待大。

 オシム監督のコメントから…。
 「私にとって気がかりなことがあったのは、サッカーとは試合時間が90分だということです。今日の出場選手の中では90分を走ることができない選手がいました。それは今日呼んだ選手だけではなくて、Jリーグでも少なくないと感じています。」

 トーキョーの選手、拝聴しなさい。君たちは…プロなんだから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

聖地。

20060809_01 国立競技場、12番ゲート。
 新しい日本代表の始まりに相応しい場所で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/02

ワシントン選手移籍加入のお知らせ…

 パルメイラスからいらっしゃるそうで…。
 まぁ、良い方向に向かうのであればいいんですが…。

 ササ…元気かな。見たいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »