« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/30

“べっぴんの町”

 …っていう映画、むか~し あったんだよねぇ。柴田恭兵主演で、舞台は神戸。
 DVDになってるみたいだから、もう一度観てみようかな。

 神戸は、“べっぴん”が多い町らしい。そ~いわれてみれば、そんなような気がしないでもないような。

 神戸の“べっぴん”さん…。
 ホワイトやネイビーを基調とした服を、さりげなくオシャレに着こなす。派手な色とか、ゴールドのアクセなどは、けっして身につけない。へそ出しとか、ローライズのパンツやスカートなどは、問題外。
 髪は肩あたりまでで、カラーリングしなくてもやや茶色。
 目鼻立ちがハッキリしている顔にナチュラルメイク。
 ちょっとだけエキゾチックな顔立ちから、流暢な関西弁が発せられる。
 …こんなイメージ。スイマセン。わたくしの勝手なイメージで。くだらないっすねぇ…スイマセン。

 でもね、電車で30~40分も行けば、派手なオネーチャンが日本一いっぱいいる“大阪”っていう町があるんだけど、対照的な感じ。“町”っておもしろいなぁ。

       20070429_kazamidori2

 20070429_2

 1泊して、けっこう時間があったので、元町・三宮あたりをブラブラしてみた。
 前回この町に来たのは、あの震災の前の年の夏だった。暑い中、歩き回ったんだ。
 そのころのことを、いろいろ思い出したよ。13年前か…若かったねぇ。
 
 緑や花が多くて、きれいな町だ。
 フラワーロードの公園にある「慰霊と復興のモニュメント」には、阪神・淡路大震災の犠牲者の名前を刻んだプレートがあった。こんなにたくさんの犠牲者が…心の中で、まじめに冥福を祈った。こんなに美しい町に復興した神戸を見ることなく亡くなった方々へ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本当に「決定力不足」なのか?

ヴィッセル神戸 vs. FC東京 0-0  ホームズスタジアム神戸

 20070428_2

 …な~んてね、サッカー雑誌みたいなタイトルつけちゃったりして。

 相手からボールを奪って、攻めに切り替えて数秒後に失速。
 そして、ボールと人の動きが少ないサッカーになってしまう。
 まぁ、じっくり攻めるときがあってもいいいけど、イクときはいかないとTOKYOじゃないでしょ。
 単調でつまらないサッカーになっちゃう。選手もゴール裏も波に乗れない。チョペがボール持ったときだけ、リズムが変わるからちょっと面白いくらいかな。

 結局、後方のボール回しから課題があったりして。前の「決定力」じゃなくて。
 そーなると、ヨーへイやユータの覚醒に期待かな。あと、元気モノのモニ復活とか。
 なにかキッカケが、あればねぇ。
 自信を持って動き回れるようになればなぁ。

 次は、味スタ。鹿さんチームと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/28

こうなったら…。

こうなったら…。

食って、寝てやる!

ちょっと期待してたんだよねぇ。今日の神戸での勝利を…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すこあれすどろー。

すこあれすどろー

とにかく、つかれますた。
塩田さん、アレ、わたくしの位置からよく見えちゃいました。ヒミツね…。

あぁ、何かきっかけが欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ始まるよ~。

もうすぐ始まるよ〜。

コーベ、わりと少ないのね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸だから。

神戸だから。

スタバで神戸タンブラーにカプチーノ。神戸らしい、きれいな色のタンブラー。
風がちょっと強いけど、あえてのテラス席ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして、神戸。

そして、神戸。

前回来たのは震災前だから、十年以上ぶりかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/25

旅に出てぇ~。

     20070425_

 定期購読してる“PAPER SKY”の最新号が届いた。
 
 西オーストラリアとか、沖縄とか…いいなぁ。
 沖縄って、行ったことないんだよねぇ。旅の企画を考えるとき、必ず候補に入るんだけど…結局、外国になっちゃう。
 オーストラリアは、東側は何度か行ったけど西側は行ってない。パースとか、いい街らしいね。

 今は、コーヒー飲みながら“PAPER SKY”見てガマンか。
 今週末、1泊で神戸に行ってガマンか。

 くっそ~、なんとか年内に企画を…。

 話、変わるけど。
 ガッキーのPockyのCMいいよねぇ。

 前の“東京編”もよかったけど、最近“大阪編”やってるでしょ。
 どっちもいいんだけど、“大阪編”に吉本新喜劇が出ちゃってるのは反則!(笑)
 “東京編”の45秒バージョンがヨイ。
 
 この ORANGE RANGEの曲、いわゆる“オイシイ音”。メチャ楽しそうで、振りがいきる音。
 振り付けは、とってもシンプル。基本的な動きで構成された“ノリモノ”で。こういう振り、好きなんだよなぁ。
 ダンスってさぁ、大ワザが出ると 確かに「おぉ!」って思うけど、それだけなんだよねぇ。
 シンプルでも、見てる人にノリが伝わるような振りやパフォーマンスがいいなぁ。

 久しぶりにダンスのレッスン、行ってみようかな。きっと、もう動けないけど(涙)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/24

寄り道。

           20070424_tenko_1

 今日は、久しぶりに“天虎”(芝公園)のラーメンを食べたかったので、寄り道。
 やっぱ、麺は かためがイイ。
 しず~かに時間が流れているお店。


 もうひとつ、霞ヶ関の“illy Bar”(イリーバール)。

         20070424_illy

 しゃれたイタリアンバール。
 カプチーノ。きめ細やかで、やわらかく泡立てたミルク。エスプレッソは、ややマイルドな感じ。
 ちょっと温度が低かったっす。
 近くに行ったら、また寄ろうかな。

 でも…どっちかというと、“LAVAZZA”の豆で淹れた方が好きかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/22

結局…。

 行かなかった。夢の島のサテライトの試合。

 朝ちょっと早く起きて、午前中テニスして、青山から渋谷あたりをブラブラして、Cafeでマッタリ読書だ。

20070422_ あ、これこれ。JAL機内サービスのドリンク、“SKY TIME”。たま~に、街の自販機で見かける。けっこううめ~のな。思わず買っちゃった。これは ゆず味なんだけど、前にキウイ味あったよね? あれもウマかった。
 命がけでJALに乗らなくても(?)飲めるのね~。

 さ~て、一週間仕事ガマンして(“頑張って”ではない)、神戸だよ神戸。
 ANAで行くんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/21

今日の一冊。

それでも、警官は微笑う  日明 恩

         20070421_3

 たまには“大沢ワールド”以外のを読もうと思って、本屋で何気なく手にした本。
 日明 恩…“たちもり めぐみ”と読む。女性作家。

 読み始めると…。警察と麻薬取締官との関係の描写とか、大沢さんに似てるなぁ~なんて思って読み進めた。
 すると終盤で、登場人物の一人の言葉に“新宿鮫”の「鮫島警部」が出てくるではないか。なるほどね。

 いまどきめずらしいほどの硬派な刑事と、若くして警部補のお坊ちゃま後輩刑事。

 う~ん。女性の作家だとこういう終わり方になるのね~って感じ。
 まぁまぁ楽しめた。

 絶版で入手困難な、大沢在昌の「標的走路」をやっと手に入れた。これから読む!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カズ、ヤマグチ、オムラ、オク…。

FC東京 vs. 横浜FC 1-0  味の素スタジアム

   20070421__1 20070421_2_1

 ワンチョペ、ナイス“オトシ”! 90分見たかった。
 コンちゃんは、ホントにいい選手っすなぁ。

 2点目、欲しかったな…。

 チョペは これからますます馴染んでいくし、モニも復活するし、GW以降はプラス要因ばかりということで。たのみます…。
 
 とにかく、味スタでの今シーズン初勝利。
 味スタ…もっともっとホームの雰囲気になるといいね。

 明日は、夢の島でサテライト。どーするかなぁ。
 次節は神戸。行くぜ! 神戸。
 連勝しちゃうよ! 波に乗っちゃうよ!…たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/15

スタジアムに行けない日。

 今日の試合は、大分で午後4時から。行けない。

 早起きして、午前中はテニス。な~んか、起きたら首がイタイけど。
 帰り、渋谷駅の近くの意外なところに空いてて落ち着けるカフェがあったので、パニーニ&カプチーノ。

     20070415_1

 味は、まぁまぁ。
 エスプレッソマシンは、セミオートで、結構ちゃんと淹れてる。ミルクの泡立ちがもうひとつかなぁ~。
 
        20070415_2

 これは、最近ちょくちょくテレビなどで紹介されてる、東横線学芸大学駅近くの“がんそ”の焼きそば。
 帰りに通りがかったら、行列が無かったので買ってみた。
 …味が濃い。麺は、ちょっといい感じかも。
 並んで、長時間待って買うほどでは…。(あくまでも、個人の感想です。)

 食べながら、J2の“湘南ベルマーレ vs. べるで”をスカパーで観る。
 べるでのラフプレーは、あまりにもヒドイ。倒れた相手の頭を何回も蹴ってる。
 “闘う気持ち”を勘違いしてるのか? 2人退場になってる。
 現在、1-0で湘南リード。がんばれ! 湘南!
 TOKYOから湘南に移籍した ジャーン、頭を負傷してるみたいだけど元気に頑張ってるなぁ。
 あ、今、2点目入った! このまま勝て~! 湘南!

 4時からは、TOKYOの試合をTV観戦だ。
 さみしい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/14

今日の一冊&一杯。

雪蛍 大沢 在昌

       20070414

 探偵(失踪人調査)“佐久間 公”シリーズ。長編。結構読みごたえがあった。

 年齢を重ねて、“僕”から“私”になったコウ。
 探偵を辞めて東京を離れ、更正施設で薬物中毒者の世話をしていた。
 結婚したが、妻を事故で亡くしていた。

 友人を介しての依頼に、失踪人調査を再開…。
 
 ナルホド…若さで突き進んでいた頃のコウとは違う。事件を通して、自分の人生についても いろいろな思いがめぐる。
 な~んか、“佐久間 公”という人間に親しみがわいてきた。
 シリーズで読んでないのは、“標的走路”。売ってないんだよねぇ~。再版希望!

 コーヒーは、スタバの“ゴールドコースト ブレンド”。はじめて飲んだ。
 今まで飲んだコーヒーの中でも、かなりパンチが効いてる。
 深煎りで、コクがあって、なおかつスパイシー。
 複合地域のブレンド。万人に好まれるブレンドじゃないな。オレは嫌いではないけど。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/11

入った! いい時間帯!

2007 ヤマザキナビスコカップ Cグループ
 FC東京 vs. ジュビロ磐田 2-1  国立競技場

 20070411_1_1 20070411_2_1

 攻めてたけど、なかなか枠にいかなかったね…。でも、前半ロスタイム、福西がやってくれた。コレが大きかった。
 とにかく、勝てた。いいことだ。
 まだまだって感じだけど、波に乗るきっかけになるといいなぁ。

 これで、お菓子杯は2勝1敗1分。

 リーグが…1勝4敗。
 せめて、勝率5割くらいでお願いします。
 Jリーグのクラブの中で、ポテンシャルが特に低いわけでもないし、環境が劣悪なわけでもないし…。

 次は、AWAYの大分戦なんだけど、どうして日曜の16時から? TOKYOのファンを入れないためか??
 試合後、その日のうちに帰って来れないし。月曜に休暇、とれないし。
 今シーズンは、大分に行けない…。

 なんか最近、気持ちが荒れてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一冊。

木のいのち 木のこころ  西岡 常一

20070410_ リンクしてる紫月 聖さんのブログに載ってた薬師寺の写真を見て、ウォーク イン クローゼットの中にある本をひっぱり出して読み返した。

 宮大工 棟梁、西岡 常一。法隆寺の修理、薬師寺の金堂や西塔の再建。“法隆寺には鬼がいる”と言われたほどの頑固者。
 千年以上昔からの宮大工の工法を頑なに守り、学者たちに「鉄を使ったらせいぜい二百年しか持たん、木だけで造れば千年はもつ」と啖呵を切った。

 こういう本を読んで、西岡さんの数々の言葉を知った上で、薬師寺の東塔と西塔の間に立ち、見上げ、見比べてみると…なんともいえない気持ちになるんだよね~。
 東塔は、千年以上前、建立された当時のもの。西塔は、千年以上の時を越えて、当時の宮大工と同じく高い“志”を持った 現代の宮大工たちが建てたもの(1980年前後)。

 この本は、西岡さんが語ったことを、塩野さんという方が聞き書きした本。
 いやぁ~。かなわんですよ。自分の道を究めた方の言葉には。
 単に建築の技術がどうとかっていうことじゃなくて、いろんなことを考えさせられる。
 教育の問題とか、生き方とか、日本人としての誇りとか、“科学技術”ってホントに発展してるといえるのか? などなど…。
 
 有名な話だけど…。
 十数年前に亡くなった西岡さんは、薬師寺の西塔を東塔よりも170センチほど高く造った。新しい西塔は荷重の重みで少しずつ沈み、何百年か先に東塔と同じ高さに並び立つことまでを計算して。
 かなわねぇーよなぁ。何百年先、いや、千年先を見据えた仕事だよ。
 
 …千年後の薬師寺を見てみたくなった。
 六本木ヒルズ? 東京ミッドタウン? …スケールが違うべ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/07

特に、感想はありません。

FC東京 vs. アルビレックス新潟 1-3  味の素スタジアム

     20070407

 体調が悪くなってきた。もう、イヤだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/05

あーあ。

 そりゃー、行きたかったっすよ。
 選手と同じ温泉宿に泊まったなんていう、自由なオヤジもいるみたいだし。
 いいよなぁ~。

 2007 ヤマザキナビスコカップ Cグループ  
         大分トリニータ vs. FC東京 0-1

 …やればできるさ。

 次は土曜日、味スタ。新潟戦。期待しましょ。


今日の一冊

        20070405

 追跡者の血統  大沢 在昌

 探偵(失踪人調査員)佐久間公シリーズ。
 突然姿を消した親友の沢辺を 救い出そうとする コウ。
 コウと沢辺のやりとりとか、信頼関係とかが、じつにカッコイイ。シリーズを通して。

 コウの父親が、どうして亡くなったのか などもわかる…“追跡者の血統”なのだ。
 
 まだ、続きます。大沢ワールド。

 手に入らない一冊があるんだよねぇ~。佐久間公シリーズの“標的走路”。
 ユーズドだと、ちょっと値段が高い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/02

初めての“カナル型”

 外出時には欠かせない、“iPod”や“walkman”。でも、付属のヘッドホンは ちょっとね…。

20070402_ipod 今までは、“audio-technica”のインナーイヤーヘッドホン(写真左)。チタン製でけっこうお気に入りだった。
 もう、何年使ったかわからないくらい。いっしょにいろんな所に行って、どこでも心地よい音を提供してくれた。
 それが、ついに壊れてしまった…。

 これの新しいタイプでも良かったんだけどね。
 ノイズキャンセリングヘッドホンの大きいヤツは、持ち歩くのが ちょっと…。
 今回は“カナル型”を買ってみた。“SHURE”の“E3c”(写真右)。もっとグレードが高いのもあるんだけど、そんなにお金ないし、“カナル型”は 初めてで、どんな感じかわからないし。

 “カナル型”…耳栓タイプだから、遮音性がいい。
 ボリュームをあまり上げなくても、細かい音まで聴こえてくる。
 そして、どの音域でも あまり“カド”のないイイ感じ。アコースティックな楽器の音なんかも、結構得意みたい。低音はちょっと弱い? まだ、エージング(鳴らしの慣らし)の段階だから…わかんないけど。
 
 今のところのマイナス面。
 やっぱり、装着感かな。耳に差し込む!これは慣れてないからだろうね。
 それと、外からの遮音性はいいけど、自分自身の身体からのノイズというか…。ガムを噛んだり、歩いたりすると、その振動が響いて気になる。これも慣れるのかな。

 全体的には、いいよコレ。使い込んでみよう。

 でもねぇ。メモリに記憶させた“データ”を聴くよりも…。ターンテーブルのアナログ盤に針をのせて、スピーカーから出てくる温かみのある音を聴くのが、イチバンだよね。
 そういえば最近、中古レコード屋めぐりを してないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もっと思い切ればよかったのに。

アンフェア the movie 渋谷 アミューズCQN 

        20070402

 TVシリーズは、ほとんど観てないんだけどね。
 
 せっかくの“ the movie”なんだから、「ありえねぇ~!」っていうくらい大胆な展開にすればよかったのに。思いっきり“B級邦画”にしちゃった方がよかったのに。
 これじゃ、「TVでもいいじゃん」って感じ。

 篠原涼子は、カッコイイ…。だから、思い切ってホントの一匹狼の女刑事に徹底しちゃうとか…どうでしょう。
 雪平刑事と娘との“母娘愛”のシーン、わたくしは あまり…。(TVシリーズを 観てないからか?)

 若い女性客が多かったよ。篠原さんって、女性に人気なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/01

今日の二冊。

「感傷の街角」 「漂泊の街角」  大沢 在昌

       20070401

 また読んじゃいました。読み始めると、結構速いんっすよ。
 探偵(失踪人調査のプロ)“佐久間 公(さくまこう)”のシリーズ二冊。二冊とも、6~7話の短編集。

 「感傷の街角」が、大沢さんの文壇デビュー作だそうだ。…なるほど、これが大沢ワールドのスタートなのか。
 文章の雰囲気も、主人公の佐久間公も若い! ハードボイルド風だけど、主人公の佐久間公の一人称“僕”を中心に展開してるので、あまり重い感じはしない。
 佐久間公のシリーズは、前に「心では重すぎる」っていうのを読んだ。これは、経験を積んで、もっと大人になった佐久間公なんだな。

 それにしても、“佐久間公の調査”を通して、街をさまよう様々な人々を こんなにも描き出せる大沢さんって…どんな人なんだ。


 今日は、一ヶ月以上ぶりにテニスをやってみた。いい天気だったし。
 ダメだねぇ~やってないと。ラケットをちゃんと振りきれないし、“拾える!”と思ったボールにも 半歩ぐらい及ばない。 
 約三時間程度、それほど激しくなかったんだけど…疲れたのか、今、身体がだるい。オレって、筋肉痛にはならないタイプなんだよね。でも、スッゴイだるくなる。近年、特に!
 このままでは、歳とともに衰える一方か…。なんとかせねば。

 まぁ、ちょっと地味だけど充実した一日だったかな。風呂入って寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »