« 特に、感想はありません。 | トップページ | 入った! いい時間帯! »

2007/04/11

今日の一冊。

木のいのち 木のこころ  西岡 常一

20070410_ リンクしてる紫月 聖さんのブログに載ってた薬師寺の写真を見て、ウォーク イン クローゼットの中にある本をひっぱり出して読み返した。

 宮大工 棟梁、西岡 常一。法隆寺の修理、薬師寺の金堂や西塔の再建。“法隆寺には鬼がいる”と言われたほどの頑固者。
 千年以上昔からの宮大工の工法を頑なに守り、学者たちに「鉄を使ったらせいぜい二百年しか持たん、木だけで造れば千年はもつ」と啖呵を切った。

 こういう本を読んで、西岡さんの数々の言葉を知った上で、薬師寺の東塔と西塔の間に立ち、見上げ、見比べてみると…なんともいえない気持ちになるんだよね~。
 東塔は、千年以上前、建立された当時のもの。西塔は、千年以上の時を越えて、当時の宮大工と同じく高い“志”を持った 現代の宮大工たちが建てたもの(1980年前後)。

 この本は、西岡さんが語ったことを、塩野さんという方が聞き書きした本。
 いやぁ~。かなわんですよ。自分の道を究めた方の言葉には。
 単に建築の技術がどうとかっていうことじゃなくて、いろんなことを考えさせられる。
 教育の問題とか、生き方とか、日本人としての誇りとか、“科学技術”ってホントに発展してるといえるのか? などなど…。
 
 有名な話だけど…。
 十数年前に亡くなった西岡さんは、薬師寺の西塔を東塔よりも170センチほど高く造った。新しい西塔は荷重の重みで少しずつ沈み、何百年か先に東塔と同じ高さに並び立つことまでを計算して。
 かなわねぇーよなぁ。何百年先、いや、千年先を見据えた仕事だよ。
 
 …千年後の薬師寺を見てみたくなった。
 六本木ヒルズ? 東京ミッドタウン? …スケールが違うべ!

|

« 特に、感想はありません。 | トップページ | 入った! いい時間帯! »

コメント

来るのが遅くなってしまいました^^;

これですね!仰ってたお話。
この本を絶対読みたいと思います♪

薬師寺に行く前に聞いてたら(笑)、
もっと感慨深く見れたのに・・・
仏像の事しか考えてませんでした。

こういうお話を聞くと、もっともっと建物にも興味湧きそうで、
なんでもはまり症の私としては、危険な香り^^v

数百年後の薬師寺を是非見たい!
やっぱいつの時代も木造が良いですわ~
NO!鉄筋!!

投稿: 紫月 聖 | 2007/04/15 01:21

△ 紫月 聖さん、ど~も。

 他にも、西岡さん関連の本は何冊か出てます。
 わたくしは、見逃しましたが、NHKの“プロジェクトX”でもとりあげられたみたいです。

 所々に、ちょと感動する言葉がありますよ~。

投稿: nautica crew | 2007/04/15 14:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66842/14638463

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の一冊。:

« 特に、感想はありません。 | トップページ | 入った! いい時間帯! »