« 昨日、観た? | トップページ | つつみしんいち »

2008/10/13

Jenny Gets Angry.

 近所のTSUTAYAが改装オープンしたんで、入ってブラブラ見てたら、こんなDVD見つけた。
 …“ライブ帝国  ジューシィ・フルーツ”sign03
 けっこうレアで、Amazonなんかだと中古で高価なヤツ。
 “ジューシィ・フルーツ”は、むか~し、アノ近田春夫先生(誰だよって思う人、多いか?)のバックバンドからデビューした、近田先生プロデュースのバンド。
 なんといっても、紅一点、ボーカル&ギターのイリヤさんの存在がデカイ。ギターソロがこんなにカッコイイ女性はあまりいないんじゃないかと。

   20081013_1

 懐かしいテクノサウンドの“Perfume”が、「ジェニーはご機嫌ななめ」をカバーしてるらしい。
 もちろん、ジューシィ・フルーツの代表作は「ジェニー…」なんだけどね。で、なんか日本のテクノポップのハシリみたいに言われるときもあるんだけど、ちょっと違うと思うわけで。
 むしろ、日本のテクノポップのハシリは近田春夫センセーの“エレクトリック・ラブストーリー”って曲かも。そのときのバックが、まだあまりメジャーじゃないYMOだったんだから。

 確かに「ジェニー~」は、CDなんかで聴くと音的にもテクノっぽい。でも、ライブの“ジューシー”は、基本的にギター2本(イリヤさん&「おさかな天国」の作曲者シバヤ君)と、ベース(オキヤマ君)、ドラム(タカギ君)の4人構成のシンプルなバンド。(まぁ、たまにキーボードが入ったけど。) しかも、「ジェニー…」のイリヤさんのあのボーカルは、ボコーダーなどの機器でエフェクトをかけたのではなく、イリヤさん自身のファルセット。
 けっこう音がしっかりした実力派のバンドだったのだよ。どの曲も、間奏なんか結構エレキ大会でカッコイイ。

 ただ、おちゃらけたところがあって、それが賛否両論なんだけどね。まぁ、もともと近田ワールドだから。
 カッコイイとダサイの境界線にいて、行ったり来たり。企画モノのアイドルグループでも、ロックバンドでもない。
 そこが魅力かも。今聴いても、結構イイなぁ。好きだなぁ。

 後期の“夢見るシェルター人形”(←YouTubeにあった。これもレアだ)なんか、特に好きだなぁ。「note星よりきれいな核ミサイル…」って、歌詞もシュール。 

 イリヤさん、お元気なんでしょうか?
 もう一回、DVD観ようっと。

|

« 昨日、観た? | トップページ | つつみしんいち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66842/42776689

この記事へのトラックバック一覧です: Jenny Gets Angry. :

« 昨日、観た? | トップページ | つつみしんいち »